☆懐かしいゲーム

カラコンの行方

カラーコンタクトはこれからどんな方向へ進んでいくのかが気になっています。安売りで色が落ちるなどの話しも出てきていますが、つけるのをやめてしまうと言う話しは聞いたことがありません。それはやはりカラコンはもう無くてはならないものになっているからでしょう。そして化粧品などと同じような位置づけになっているような気がします。つけまつげも似たような感じですが、他にも代用することは出来るものがありますし、ちょっと違うような気がするんです。

 

カラコンを外して外出は出来ないと言っている女の子をテレビで見ていて、それほどまでにカラコンは重要になっているんだと知りました。よくよく見ているとカラコンでは無くても黒目を大きくするカラコンは着けている子が多いんですよね。時代の流れかもしれませんが、これが大きく逆行することは無いような気がします。女性の化粧やカラコンはもう無くてなならない存在になっているんですね。

 

カラコンを購入するにもネットの通販で簡単に買えるようになりました。それがまた若者にも受け入れられる要因になっているのでしょう。安価で安全に気軽に使用することが出来るんですから・・。そして可愛く見える・・・。そこが一番重要なポイントですね。しかも男性受けを狙っている訳では無く、女性同士の目線でお互いに見合っているような気がするんです。モテたいから付けるのではなく、女性同士の目線を気にしてつけているような気がします。